4)-6  和文英訳…英語を    話せるようになるための英作文
戻る

 レベル別・英作文の作り方 


 
ページ内リンクもご利用いただけます!

1中学生レベルの文法を使った英作文

2大学生~社会人向けの英作文

3プロ(?)の翻訳(日本語→英語)

英語を話す力と英作文を作る力は、大きく関係があります。しかし、どちらも苦手な人が多いのではないでしょうか。
 自分の身近なことを英語で言えると、「英語が話せるようになった!」という気が、どんどんしてきます。中学・高校の教育現場でも、現在、英会話重視の傾向があり、いいことです。ただ、「2分間、自分の考えや言いたいことを英語で話してください。」と、いきなり言われたら、皆さんは話すことができますか?かなり大変なのではないでしょうか。

 英語を話す力をつけるためには、まず、
自分の言いたいことを英語で書いてみましょう。
 ただし、初めのうちは、日本語で考えた文を、そのまま、英語にすると、とんでもない文章になってしまいます。そこで、
このサイトの中学2~3年レベルの英文法をマスターできるまでは、英作文は、自分で英文を考えて作るのではなく、テキストの「基本例文」を参考に、例文を多少修正するような形で作りましょう。これが、英語らしい英文を作る近道です。このような心がまえで中学2~3年レベルの英文法がマスターできれば、十分通じる英語を話せるようにもなります。

学校の先生方は、今も昔も、上記のような教え方は、あまりしていないようです。私の高校時代に書いていた英文も、実はひどいものでした。苦労して創作した文なのに、今見返すと、英語としては笑ってしまうくらいおかしいのです。自分で考える「創造的な作業」というのは、全く無駄だったのだと、改めて思いました。ここが、英語と他の教科の大きな違いです。英語は、野球やテニスなどのスポーツと同じで、最初のうちは、基礎を繰り返すことが何より大事であると、10年以上の講師経験で、より思いを強くしました。

 参考:英文和訳の指導について(英文和訳・直訳→英作文)



中学レベルの英文法をしっかり理解し、英作文に慣れてきたら、英語で考えて、英文を書くようにしましょう。
「英語で考える」というと、「そんなの無理」と思われる方もいるでしょう。ここで役立つのが以下の技術です。

長文読解(中学2年から3年レベル)・前から訳していく直訳スラッシュリーディング

「直訳」を思い出してください。日本語としては多少変でしたが、その直訳から英文を起こすことは簡単です。この作業に慣れてくると、だんだん英語で考え、英文を作れるようになります。つまり、英語を話す力もついてくるのです。

 英文和訳の際、「直訳」に慣れていない人は、この「英語らしい表現の文」を、作る作業が難しいです。「直訳」がいかに大切か、「意訳」にこだわっている人は、もう一度、考えてみてください



以下、レベル別に例文を載せていきます。各項目をクリックすると、先に進めます。慣れないうちは、これらの文を参考に、自分自身についての英作文を作ってみてください。

出来た文章を、何度も音読し、暗唱できるようにすると、「英語を話せるようになった!」感覚が、だんだん大きくなってくるはずです!
頑張ってください

なお、発音が苦手な方は、以下をお読みください。

NとM、LとR、FとV、Thこれらのアルファベットが発音できれば大丈夫!



 以下、「」マークのついたページ以外は、他ページから使えそうなものをまとめました。また、クリックできないところやマークがあるページは制作中ですので、ご容赦ください。
つづりの誤りや文法について、お気づきの点がありましたら、お知らせいただけると幸いです。




1「中学生レベルの文法を使った英作文」


 
中学生レベルと書いていますが、高校生、あるいは、簡単な英会話を話せるようになりたい大人の方でも、このレベルの文法知識で、十分伝わる英作文を作ることができます。

 日本語ではよく使うのに、英語ではあまり勉強したことがないので、「すぐには英語にしにくい言い回し」もあるかもしれません。初歩の英語は、「創作力」より「ものまね力」が大事です。ここで紹介した英作文の中から、自分で使ってみたい言い回しを抜き出して、まとめてみてください。それを何度も音読して、覚えてしまうのです。だんだん、英語を話す力が付いてくるはずです








2「大学生~社会人向け英作文」

*普通の英作文をするには、まず、
  中学生レベルの文法を使った英作文をご覧ください。







3「プロ(?)の翻訳(日本語→英語)」