こちらのサイトは、英語が全くわからない方でも、「英語を話せるようになれる」ことを目指して作っています。ただし、全部読むのは大変です。英語は、漠然と勉強するより、目的を決めて勉強した方が成果が出るはず‼ 以下の「目的別サイト内リンクのまとめ」を参考に、ご自分の理想を実現するために必要と思われるページへお進みください。
《注:こちらは、アメリカン・スクールのように、常にネイティブと触れ合う環境で勉強できる方を対象としたサイトではないので、ご注意ください。》

 ☆ページ内リンク☆ 

 当サイトのマークや発音記号の説明

 効率的に勉強するため押さえておきたいこと

 Makki's Englishのサイト内検索の方法

 目的別のサイト内リンクのまとめ


 自分の本当の英語力の確かめ方と勉強方法


 当サイトのマークや発音記号の説明
   Makki's Englishのサイトやページ内のリンク
   サイト外のリンク (=他サイトへのリンク)
 戻る   開いているページの元の章の目次に戻るボタン
*普通に戻りたい時は、お使いのPCやスマホ機能でお戻りください
 発音記号  日本語の発音にない「L, F, V, Th」はひらがな表記
 参考:ひらがなとカタカナが混ざっている理由
*アルファベットのフォニックスがわかれば、発音記号でなく仮名で発音を書いても、通じる英語の発音ができると考えています。


 効率的に勉強するため押さえておきたいこと

自分の本当の英語力の確かめ方と勉強方法

 …是非、今のご自分の英語力を確かめてみて下さい!

日本人が英語を話すために覚えておきたい4箇条!

 …なぜ日本人は英語を話すのが苦手なのか?発想の転換が必要です。
  ここを押さえておけば、英語を効率的に勉強できるはず!



 Makki's Englishのサイト内検索の方法
Googleが無料提供しているカスタム検索エンジンを使っています。以下のようなキーワードを入れると、Makki's Englishのサイト内の見たいページに飛べますので、ご利用ください。
文法…be動詞、一般動詞、動名詞、不定詞、接続詞、前置詞、関係代名詞、分詞構文、仮定法など。
単語…日にち、曜日、休日、数字、病気、食べ物、野菜、くだもの、飲み物、動物、鳥、魚、虫など。
目的…道案内、英検、高校受験、大学受験、英単語の覚え方など。





 目的別サイト内リンク


 自分の本当の英語力の確かめ方と勉強方法

自分の英語力がどのくらいか、はっきりわかりますか?学校での英語の成績が良くても、英語をほとんど話せない人を多く見てきました。英検準1級を持っていると言っても、英会話がたどたどしい人も実際います。英語を話す力を測るのは、とてもむずかしいです。

「はじめに」にも書きましたが、基礎的な英文法(特に中学生レベル)を正しく理解し、こちらのサイトで紹介しているような基本例文の英語をスラスラ言えれば、日本人が苦手な英語を話す力はどんどん付いてきます。逆に、簡単な英語をスラスラ言えなければ、英語をうまく話せるはずはありません。

今の自分のレベルと思われる文法項目のページの基本例文を見て下さい。以下のチャートに従って学習していきます。まず、英語の部分を隠して日本語だけ見て、声に出して英語を言ってみましょう。スラスラ英語を言うのは意外とむずかしいと思います。むずかし過ぎると感じたら、より簡単な文法(前の項目)に戻りましょう。無理にむずかしいレベルに進むより、簡単なところから学習し直す方が、効率的に勉強できます。謙虚に自分を評価できる人の方が、英語の上達は早いです。頑張りましょう!

  中学1年~2年の英文法(目次)→英会話に必要

  中学2年~3年の英文法(目次)
→英会話に必要

  
中学3年生~高校生の英文法(目次) 
      →受験や英字新聞を読んだりするのに必要


   「直訳」が大事な理由についてはこちら




学生時代、英語はずっと5段階評価の5であったという人や、英検準1級を持っているという人が、英語を上手に話せないというのは、よくあることです。日常生活で、英語を話す機会の少ない日本では、継続的に英語に触れる機会を作らなければ、忘れてしまうのは当然です。

 逆に、学生時代、英語の成績が悪かった人、今現在、英語が苦手だと思っている人も、やる気さえあれば、英語を話せるようになるのは、それほどむずかしいことではありません。

 こちらのサイトの最初の章から学習すれば、簡単な英文法から、無理なく理解できるようになると思います。そして、上のような練習を、できれば毎日、短時間でよいので続けてみましょう。すでに「覚えた!」と思うところも、たまには戻って復習しましょう。すぐに忘れてしまうのが英語です。英語は勉強というより練習です。野球やテニスなどのスポーツと同じです。日々の練習で、誰でも英語は話せるようになります。

 日本の学校で習う文法は、決して無駄ではありません。日本人の英語に関する知識は、他国の人より豊富とさえ思います。しかし、ここで紹介しているようなことが、理解されていないから、「日本人は英語ができない」などと言われてしまうのです。ほんの少しの発想の転換と努力で、絶対、英語は話せるようになります。頑張ってください























   


 自分の英語力を把握したうえで、しっかり英語力を向上させたいと
考えていらっしゃる方は、さらに下にお進みください。

   ページ内の「」マークは、リンクを貼っている印です。
未完成のページも多々あります。もし、特定の文法や項目で、早めの更新希望があれば、掲示板またはメールでご連絡いただけると幸いです。











  1. 中学1~2年の英文法

      1) Be動詞と一般動詞の現在形の違い   Check 1

      2) Be動詞と一般動詞の現在形と過去形の違い  C
    heck 2


                                      
                                






戻る
序章3) Makki'sホームページの活用法