こちらのサイトは、英語が全くわからない方でも、「英語を話せるようになれる」ように作っています。ただし、全部読むのは大変です。
 以下、目的別にページ内リンクを張りましたので、ご自分の目的に合った項目からお進みください。

マークの意味
 …Makki's Englishのサイト内リンクまたはページ内リンク
  *サイトは全ページを指し、ページは開いているページを指します。
 
…サイト外リンク(他サイトへのリンク)

当サイトの発音表記
 ひらがなとカタカナが混ざっている理由


皆さまに、必ず読んでいただきたい‼
 日本人が英語を話すために覚えておきたい4箇条!






自分の本当の英語力の確かめ方と勉強方法
自分の英語力がどのくらいか、はっきりわかりますか?そもそも、英語力とは何かと言うのも問題ですが、少なくも、学校の成績や定期テストの点数で測れるものではありません。
 学生時代、英語はずっと5段階評価の5であったという人が、大人になって、全く英語を話せないというのは、よくあることです。
(英検準1級を持っていても、英語を話せなくなってしまう人もいます。)逆に、学校の成績が悪くても、英語を話せるようになる人はいます。(私もその一人ですが…全然威張れないなぜなら、日本に居たら、英語は意識して続けなければ、忘れてしまう教科だからです。

 「はじめに」にも書きましたが、基礎的な英文法(特に、中学生レベル)を正しく理解し、こちらのサイトで紹介しているような基本例文の英語をスラスラ言えれば、英語を話す力はどんどん付きます。日本人が一番苦手なのは、「英語を話すこと」と言われていますから、これが大事な勉強法です。

 もちろん、ある程度の語彙力は必要ですし、英文読解力も大事ですが、基礎的な英文法を理解し、それを使った英語をスラスラ言えるようにならなければ、上のレベルには進めません。そこで、自分で確認したい文法項目について、以下のチャートに従って、確認してみてください。

  中学1年~2年の英文法(目次)→英会話に必要

  中学2年~3年の英文法(目次)
→英会話に必要

  
中学3年生~高校生の英文法(目次) 
      →受験や英字新聞を読んだりするのに必要





  

日常生活で、英語を話す機会の少ない日本では、一度覚えたとしてもすぐに忘れてしまいます。当たり前です。そこで、上のような練習を、日々、行ってみてください。できれば毎日、短時間でよいので続ける方が効果的です。めんどくさいようですが、短時間ならば負担も少なく、結局、効率的な勉強法になるのです。

 学校で習う文法は、決して無駄ではありません。日本人の英語に関する知識は、他国の人より豊富とさえ思います。しかし、ここで紹介したことができないていないから「日本人は英語ができない」などと言われてしまうのです。ほんの少しの考え方の転換と努力で、英語は絶対に話せるようのなります。頑張ってください























   


 自分の英語力を把握したうえで、しっかり英語力を向上させたいと
考えていらっしゃる方は、さらに下にお進みください。

   ページ内の「」マークは、リンクを貼っている印です。
未完成のページも多々あります。もし、特定の文法や項目で、早めの更新希望があれば、掲示板またはメールでご連絡いただけると幸いです。











  1. 中学1~2年の英文法

      1) Be動詞と一般動詞の現在形の違い   Check 1

      2) Be動詞と一般動詞の現在形と過去形の違い  C
    heck 2


                                      
                                


                       
戻る
序章3) Makki'sホームページの活用法