中学1〜2年生程度の英文法がわかれば、     英語は絶対話せます!

英語を苦手と感じている中学生、高校生の方、

英語を教える技術を、もっと高めたい英語教師の方、

英語で外国人と話したい!と思っていらっしゃる大人の方へ…


英語を話せるって、とても楽しいことです。
英語が母国語の人だけでなく、
いろいろな外国の人たちと話す時にも、
英語はかなり役に立ちます。

ただ、一朝一夕で習得できないのが悲しいところです。
帰国子女、バイリンガルの人が羨ましい!
暗記力が高く、一度聞けば覚えられる、
頭の良い人が羨ましい!
海外長期留学に、海外長期赴任、
お金や機会、そして度胸のある人が羨ましい!



偉そうに「英語を話そう!」などと、
このサイトを開設したMakkiですが、
実は高校時代の英語の成績は赤点スレスレ!
サボっていたわけではなく、
高校の学習の90%を英語に費やした上の
悲しい結果です。 

英語のお蔭で人生棒に振った!!
…なんていうのは悔しいので、
高校卒業後も英語関連の専門学校に通い、
会社に就職中(経理や輸入事務のお仕事)も、
英会話教室を転々と…の人生でした。

もちろん、海外留学や海外長期滞在の経験はなく、
学生時代に3週間ほどの短期留学+観光したのが最大で、
その経験は楽しくはありましたが、
英語学習という意味では、
ほとんど効果はありませんでした。
英語を話したいという動機づけにはなったと思いますが…


 そんなMakkiですが、
細く長〜く(←ここ重要)英語の勉強を続けてきた結果、
今では、
英語翻訳の仕事やボランティア通訳、そして
塾の英語講師(小・中・高校生・浪人生対象)まで、
するようになりました。
(2017年には、通訳案内士の資格も取りました。)


私立公立問わず、様々な中高生を教える中

中学1〜2年程度の英文法をしっかり理解できれば、
英語で自分の意思を相手に伝えるのは、
それほどむずかしくない

ということが、わかってきました。


それでは、なぜ日本人は英語を話すのが苦手なのか?実は、
基礎中の基礎の英文法が、正しく理解されていない
ということも、わかってきました。
詳しくは、下のページへ;
日本人が英語を話すために絶対覚えておきたい4箇条!へ。

ここがわかっていないから、
日本人は、英語を話すことが苦手なのです。
英語嫌いになってしまう生徒が出てくるのです。
これは、生徒の問題というより、
学校の先生方の教え方の問題だと、
11年にわたる塾講師の経験から思うようになりました。
もちろん、中には
素晴らしい指導をされている先生方もいます。しかし、
良い指導方法は、不思議なことになかなか広まりません。
詳しくは、
英語教育についてへ。


塾でも、学校でも、
良い先生に当たるかどうかは、運次第。
これでは、なかなか英語を話せるようになりません。
英語を話せるようになるには、どうしたら良いか?


@正しい中学レベルの英文法を、効率よく覚え、
A役に立つ基本的な英文を繰り返し音読し、
B暗唱できるようにするだけで、効果が出ます。


@もともと、学校での英文法の教え方が、
先生によってまちまちだったり、
あまり効率的でない指導が散見された中、
英会話重視になった昨今、
英文読解の指導も、英文法の指導も、
微妙な学校が増えています。
「読む、書く、聞く、話す」の4技能は、
別々なものではなく、
全部、つながっている
のです。
今まで、そのつながりを意識した教育が、
なされてこなかったことが大きな問題です。

A何年も海外勤務のある人や帰国子女は、
皆、英語がペラペラだと思っている人はいませんか?
実は、日本に帰って来て、全く英語を使わなければ、
英語を話すスピードや理解力は、どんどん落ちてきます。
英語は、繰り返しやらなければ、すぐ忘れるのです。
普段英語を使う機会の少ない日本で、
「英語を話す力をつける」には、
毎日毎日、繰り返し、英語に触れる機会持つことが、
一番大切なこと
なのです。
そして、この繰り返しの作業を、最も効率的にするのは、
新しい文法を覚える時に習う基本例文を、
何度も何度も音読して覚えてしまうこと
です。
ただ、英語をノートに書き移したり、
黙って英文を読んでいるだけでは、
英語は、絶対に、話せるようになりません。
英語と日本語では、
話す時の口の動かし方が大きく違うので、
声を出して練習しないで、
英語を話せるようになることは不可能なのです。


B日本語と英語では、文法が大きく違います。
話す内容を自分で創作しても、良い英文は作れません。
基本例文を、何度も音読して暗唱できるようにし、
日本語を見ただけで、その暗唱した英文が出てくれば、
必ず、英語を話す感覚がつかめてきます。
テキストの穴埋め問題や並び替えの問題が得意なことは、
必ずしも、英語を話す力の証明にはならないのです。



日本で英語を「話せる」ようになるためには、
中学1〜2年レベルの大切な基本英文を書きだし、
一人で何度も何度も
繰り返し音読練習できるようにすることが、
一番効率的な勉強方法なのです。



中学2年の1学期に塾に来た時、
「英語はよく分からないから嫌い。」と言っていた生徒が、
2学期の終わりには、
「英語は簡単だし、結構好き。」と言う。
そんな場面に何度も出会いました。 
基礎中の基礎の英文法を教えた結果です。
こちらのサイトは、
英語を母国語とするネイティブの外国人や、
英語で苦労せずに英語教師になった方々には、
英語が苦手な人がどうして苦手なのか、
必ずしも理解されていないのでは…
という視点も持って、書いています。


どんな「基礎」を教えたら、そして、
どんな「基礎」を覚えたら、
英語の苦手意識がなくなったのか…
それをこちらのサイトで、ご紹介したいと思います。 


ホームページの活用法では、皆さまの目的別に、
サイト内のどのページが役立つのか、
目安がわかるようになっています。


このサイトが、少しでも
皆さまの英語力アップに役に立つことを願っています。  


2012年2月21日 (2017年3月11日改訂)

             
   Makki(マッキー)



目次に戻る




戻る
序章1)初めに…ホームページを立ち上げた理由