雑 記

1: ホームページ管理人プロフィール <profile>


  Name Makki マッキー   Please call me Makki!!
  Sex female女性
  Age Not so young, but not so old!......I guess.
  Birthplace Tokyo 東京
  Present Address  Chiba Prefecture 千葉県
  Favorites Skiing, Skating, Playing tennis, SMAP, ふなっしー
燃えよ剣 (司馬遼太郎)

SMAP関連英字新聞記事などはこちらから

2013年からふなっしーも支援する南三陸ミシン工房
  Respect
渋沢栄一 Eiichi Shibusawa
  Certificate Licensed Guide Interpreter
全国通訳案内士(英語)

通訳案内士試験関連ページへはこちらから
  Others Travelogue    Memorandum

初めに:こちらのサイトの立ち上げ理由

 英語が苦手であったMakkiが、英語を話せるようになった経歴。中学1〜2年の英文法がわかれば英会話ができるのに、なぜ日本人は英語を話せないのか、わかったことをご紹介。是非、ご一読を!




ブログ;マッキーの旅行記&英語習得のヒント

 国内旅行や海外旅行、神社仏閣から温泉や動植物まで、マッキーの興味のおもむくままに、お気楽に書いているブログです。日本語と英語を併記して書いているので、外国人への説明や英作文のヒントになればと思っています。スペリングミスや雑な表現があったら、ご容赦を…

    ブログ  Since September 18, 2016





    メール  感想など頂けたら嬉しいです!













2: 記憶について


  英単語を、覚えても覚えても、どんどん忘れてしまうから、「英語はやだ!」と思ったことはありませんか?私は、昔、何度もこう思いました。ただ、ある程度文法がわかってきたら、英単語や英熟語をいかにたくさん覚えられるかで、必ず英語力に差がついてしまいます。

  
短期記憶装置長期記憶装置という概念をご存じですか? 人間は、多くのインプットから取捨選択し、長く記憶すべきものを選択する特性を有します。これが、短期記憶装置から長期記憶装置に移す過程です。
 新規に覚えるべき英単語などは、普通、
1週間思い起こす機会がなければ、忘れてしまうと言われています。つまり、なかなか長期記憶装置に入ってくれません。その日に忘れてしまったり、次の日忘れてしまったり、個人差は大きいですが…

  そこで、
自分の忘却パターンに合わせて、記憶を呼び起こす…つまり英単語を思い出す練習をすれば、それは長期記憶装置に入ってくれます。

  1日目→2日目→4日目→1週間後→2週間後→1か月後

 新規に覚えるべき英単語を、上記のように思い出すタイミングを作って覚えてみてください。私は塾の講師をしていましたが、記憶力に自信がないが、上記のようなパターンで、新しい単語を思い出す作業をし、語彙力を飛躍的につけた生徒を何人も見てきました。

 自分の忘却パターンを冷静に分析して、覚える練習をすれば、きっと英単語を覚えられるようになります。また、英語は語学なので、声に出しながら覚えたり、基本例文ごと暗記できるくらい音読するのも良い方法です。

 「覚えるのがとても早い、試験前に少し勉強すれば、単語テストで良い成績をとれる」という生徒を見かけます。ただ、彼ら、彼女らが、本当に単語力を付けたのか問われると、答えは「NO」と言わざるを得ない事が多いです。なぜなら、あっという間に覚えたことは、あっという間に忘れてしまうことが多いからです。思い当たること、ありませんか?

 自分がどのくらいの記憶力があるか、どのくらいで忘れるのか、どのくらい繰り返し思い浮かべれば、長期記憶装置に移せるか、
自分の記憶力のパターンを認識し、効率的な英語学習に結び付けてください。

  最後に、英語を学習するタイミングについて、付け加えます。
たとえば、1週間に3時間半(210分)英語学習に費やせるとします。週に1度、3時間半、じっくり続けて勉強するのと、毎日30分ずつ、短時間勉強するのと、どちらが効率的に勉強できると思いますか?
短期・長期の記憶装置の事を考えれば、答えは明白です。「1週間、全く見返さなければ、どんなに一生懸命に勉強しても、簡単に忘れてしまうのが普通の人間」と考えれば、
毎日少しでもコツコツやるのが、一番効率的な覚え方とわかるはずです。

  単語集を覚えるだけでなく、英語読本や英字新聞を読んだり、ラジオやテレビ、Youtubeなどで英語を聞く機会を作るなど、
できるだけ、英語に触れる機会を増やすと、覚えた単語を目にする機会も増え、英語力定着につながります。

  英語のニュース番組に興味がある方は、現在NHKBS1で毎日放送されているワールドWaveなどは、話されている言葉が、そのまま英語字幕で出る(話された瞬間よりは遅れてですが)ので、かなり勉強になると思います。

(2012.3現在/2018.10改訂)