3)その他の助動詞を使った基本例文

助動詞を使うだけで、色々な表現ができます。ただ、覚えた気になっていても、実際使うとなると、なかなか出てこないものです。以下の基本例文を、スラスラ言えるまで、何度も音読しましょう!できれば、実際使う場面を想像しながら読めると最高です。できるようになったら、和訳だけを見て、英文を言う練習をしてみてください。必ず、英語を話す時に役立ちます

 まず、のところだけ、覚えてみたください。は高校英語の範囲ですから、余裕があったら、学習してみてください。

ページ内リンクと助動詞の説明

①助動詞・基本例文3
  「~してもいい?」「~してくれる?」「~しましょうか?」
  
May/Can/Could I、 Can/Will/Could/Would you、Shall I~?

 「窓を開けてもいいですか?」「窓を開けてくれますか?」「窓を開けましょうか?」…この文をすぐに英語に直せますか?
 実は、この文を英語にするには、「
私は窓を開けてもいいですか?」「あなたは窓を開けてくれますか?」「私が窓を開けましょうか?」のように、まず、主語を加えた文を考えてみると理解しやすいです。ここが、日本語と英語の大きな違いです。


②助動詞・基本例文4/勧誘・提案の表現
 Shall we~?≒ Let's~, Why don't you~?, How about~?
 同じような表現なので、4つまとめて覚えてしまいましょう

1.Shall we~? =助動詞shallを使った「私達は~しましょうか」という表現
2.Let's~.=命令文。Let's+動詞の原形
3.Why don't you~?=「~しないの?しようよ!」→反語的な言い回し
4.How about ~ing?=「~するのはどう?」という表現。
~ingは動名詞


③助動詞・基本例文5/義務・当然の表現
  should=~した方がよい/~すべきである


④助動詞・基本例文6/推量の表現
  must=~に違いない、may=~かもしれない

 むずかしい助動詞
  couldの特別な使い方



文の
種類
助動詞・基本例文   和訳
(直訳を基本とします) 
助動詞・基本例文3
~してもいい?(許可)、~してくれる?(依頼)、~しましょうか?(提案)
May/Can I、 Can/Will/Could/Would you、Shall I~?
1


 疑
May I open the window?↗

Can I open the window?↗

Could I open the window?↗

Might I open the window?↗
(私は)を開けてもいいですか。

could=ッドゥ=canの過去
 might=マイトゥ=mayの過去
ここでは過去の意味はなく、丁寧な表現になる

 答 Yes, you can.

 △Yes,
you may.↘
 ×Yes, you could.
はい、いいですよ。

mayを使うと少し偉そう。
許可にcould/mightは使えない
 答 Sure. / Yes, of course. もちろんいいです。
 答 O.K. いいよ。
All right. いいですよ。
I'm sorry, but I feel cold now.  すみませんが、(私は)今、寒く感じるんです。
 答 I'm sorry , you can't.

 △No, you may not.↘
 ×No, you couldn't.

いいえ、だめです。

mayも使えるが一般的にはcan
断りにcouldは使えない
   
May I help you?↗ (私は)あなたをお手伝いしてもいいですか。
→何かお困りですか。(意訳)

詳しくはこちら。「いらっしゃいませ」という意味もあるが、そうでないことも多い。
   



 疑
Can you open the window?↗

Will you open the window?↗

Could you open the window?↗

Would you open the window?↗
(あなたは)を開けてくれますか。

《下に行くほど丁寧な表現になります》

could=ッドゥ=canの過去
 
would=ッドゥ=willの過去
ここでは過去の意味はなく、丁寧な表現になる
 答 Sure. / Yes, of course. もちろんいいです。
 答 O.K. いいよ。
All right. いいですよ。
I'm sorry, but I'm busy now.  すみませんが、(私は)今、忙しいんです。
 答 I'm sorry, but I can't. すみませんが、(私は)できません。
 答 No, I won't. いいえ、(私は)しません。
→いやです。
   
3


 疑
Shall I open the window?↗ (私が)を開けましょうか。
 答 Yes, please. はい、お願いします。
 答 No, thank you. いいえ、結構です。
助動詞・基本例文4/勧誘・提案の表現
Shall we~?≒ Let's~, Why don't you~?, How about~?
「(私たちは)~しましょうか」
という表現です。
同じような表現を4つまとめて覚えてしまいましょう


Shall we play tennis tomorrow?↗ (私たちは)明日テニスをしましょうか。

命令
Let's play tennis tomorrow. 明日、テニスをしましょう。
  Yes, let's. はい、しましょう。
  No, let's not. いいえ、やめましょう。


Why don't you play tennis tommorow?↘ なぜ明日あなたはテニスをしないの?
→明日テニスをしようよ。


How about playing tennis tommorow?↘ 明日テニスをするのはどうですか?
  O.K. いいよ。
  That's a good idea.  それはいい考えだね。
  What about playing tennis tommorow?↘ 明日テニスをするのはどうですか?
《主に英略式》
  What do you say to playing tennis tommorow?↘
=What (do you) say we play tennis tommorow?↘
明日テニスをすることに対して、あなたは何と言いますか?→明日テニスをしようよ。
《略式/下は、sayの後が節になる形》
助動詞・基本例文5/義務・当然の表現
should=~した方がよい/~すべきである
5 We should help each other. 私達はお互いに助け合うべきです。

each other=ーチ ざー=お互いに
You should study hard. あなたは一生懸命、勉強すべきです。
In Tokyo, you should visit Tokyo Sky Tree. 東京では、あなたは東京スカイツリーを訪れた方がいいよ。→東京スカイツリーに行くのがおすすめだよ。
助動詞・基本例文6/推量の表現
must=~に違いない、may=~かもしれない
推量のmay=5割の確率でありうる/might=mayより、やや可能性が低い推量
can't=cannot=~のはずがない

6
This news must be true. このニュースは本当に違いない。

This news may be true. このニュースは、本当かもしれない。

This news might be true. このニュースは、本当かもしれない。

This news can't be true. このニュースは本当であるはずがない。
       
       
       
       
 助動詞・基本例文7/推量の表現 
7   肯
   
8  肯
 むずかしい使い方  
 couldの使い方
     過去の許可を表すcould》
  …特定場面ではbe allowed to do を使うのが普通
    When she was ten, she could use her father's computer.

≒When she was ten, she
was allowed to use her father's computer.


彼女が10歳の時、彼女は彼女の父親のコンピューターを使うことができました。(≒使うことを許されていました。)
       
      《いらだち・不満を表すcould ~してもよいのに》
  He could help us (to) move the piano. 《現在形仮定法過去》
彼は私達がピアノを動かすのを手伝ってくれてもよいのに。
  He could have helped us (to) move the piano. 《過去形仮定法過去完了》
彼は私達がピアノを動かすのを手伝ってくれてもよかったのに。
       




              


戻る
3)-2  助 動 詞