3)-11 いろいろな文  戻る

1)間接疑問文


 ☆ページ内リンク☆

  疑問詞から始まる普通の疑問文
   ↑まず、これをスラスラ言えるようにしましょう!

     間接疑問文を作る練習問題もこちらから。

  
間接疑問文

    ↑上の疑問文を間接疑問文にすると?…上の解答です。

       ↑****ここまでが、中学生レベル****↑

  Yes/Noで答えられない場合の間接疑問文
     ↑Do you think? Do you suppose?の挿入の仕方

  間接疑問が、主語Sや補語Cになる場合

  if/whether ~かどうかの文

  間接疑問がSVC文型で、わかりにくい文の解説
   Who is your teacher? Which is your umbrella? 主語は何?


「間接疑問文がむずかしい」と思っている人は多いのではないでしょうか。中学3年で習う文法ですが、大人の方にもむずかしいです。

 
間接疑問文とは、1つの文の中に、疑問詞から始まるもう1つの文(=WH Question)が入るような文のことを言います。この中で、疑問詞から始まる疑問文のことを、間接疑問と呼び、文中では名詞節として働きます。
例えば、疑問詞から始まる普通の疑問文「あなたはどんなスポーツが好きですか」を、「あなたはどんなスポーツが好きか私に教えてください。」のようにするのが、間接疑問文です。

 英語で間接疑問文を作る時の注意する点はただ1つ、「挿入する疑問詞から始まる文は、肯定文と同じ形にしなければならない」という規則があることだけです。普通、疑問詞から始まる文は、疑問文の形なので、間違わないように気を付けましょう。ただし、疑問詞が主語の場合は、間接疑問文になっても語順を変える必要はありません。

 文法は簡単そうなのに、どうしてむずかしいのか。それは、私たちが、英語で疑問詞から始まる疑問文(=WH Question)自体を、自分で作るのに慣れていないからです。英語で質問をされることはあっても、自分から相手に尋ねない。これが、日本人が英会話を苦手な一因であると思います。


まず、普通の疑問詞から始まる疑問文を復習しましょう。その後、その文を《 》内の英語の後ろに付けて、間接疑問文にしてみましょう。
 毎回書いていますが、大事なのは、スラスラ英文を言えることです。何度も音読して、練習してください。できるようになったら、和訳だけを見て、英文を言えるようにしましょう。間接疑問文がわかると、英会話に幅が生まれます。

 英語が苦手な人は、まず、普通の疑問詞から始まる普通の疑問文を、スラスラ言えるように練習してください。それができれるだけでも、英会話は十分楽しめます。普通の疑問文も、むずかしい人は、以下の目次から、苦手な文法を見直してください。

  
中学1-2年の英文法  中学2-3年の英文法


  基本例文  和訳
(直訳を基本とします) 
 
 解説など 

疑問詞から始まる普通の疑問文

すべて、下がり調子で読みましょう! こちらの疑問文の回答例も省略形でない形で載せましたので、練習してみてください。

練習問題:普通の疑問文を、青地の《 》内の英語から始める間接疑問文を作りましょう!  解答はこちら
  1   What are you doing now?
《Please tell me》

A: I am studing English.
あなたは今何をしているところですか。

答:私は英語を勉強しているところです。
現在進行形 
What made you happy?
《I wonder》

A: Yesterday's news did.
何があなたを幸せにしましたか。

答:きのうのニュースです(←でした)。
一般動詞・過去
疑問詞が主語
SVOC文
What should I do next?
《I don't know》

A: You should take a rest.
私は次に何をするべきだろうか。

答:あなたは休憩をとるべきです。
 
What is your favorite subject?↘
《I want to know》

A: It is music. / I like music.
あなたのお気に入りの教科は何ですか。(→好きな教科は何?)

答:それは音楽です。/私は音楽が好きです。
be動詞・現在 
SVC文
What do you want?
《I know》

A: I want a new smartphone.
あなたは何が欲しいですか。

答:私は新しいスマホが欲しいです。
 
 2  What time is it now?↘
《Do you know》

A: It is ten (o'clock).
今何時ですか。

答:10時です。
be動詞・現在
(主語=it)
SVC文
What sport do you like the best?↘
《Please tell me》

A: I like tennis the best.
あなたは、何のスポーツが1番好きですか。

答:私はテニスが一番好きです。
一般動詞・現在
(比較・最上級)
What grade are you in?↘
《Please tell me》 

A: I am in the second grade.
あなたは何年生ですか。
←あなたは何学年にいますか。

答: 私は2年生です。
←2学年にいます。
be動詞・現在
*grade=グレイドゥ
=《米》学年
 3 Where is your house?
《I don't know》

A: It is near Funabashi station.
あなたの家は、どこにありますか。

答:(それは)船橋駅の近くにあります。
be動詞・現在
Where does your aunt live?
《Please tell me》

A: She lives in Tokyo.
あなたのおばさんは、どこに住んでいますか。

答:彼女は東京に住んでいます。
一般動詞
3人称単数現在 
 4 Who is that man?
《Do you know》

A: He is my father.
あの男の人は誰ですか。

答:彼は私の父です。
be動詞・現在
SVC文
Who is our English teacher?
《Do you know》

A: Mr. White is.
/Our English teacher is Mr. White.
誰が私たちの英語の先生ですか。/ 私たちの英語の先生は誰ですか。

答:ホワイトさんです。
/私達の英語の先生はホワイトさんです。
be動詞・現在
SVC文
Who made this box?
《I know》

A: My brother did.
誰がこの箱を作りましたか。

答:私の弟〔兄〕です(←でした)。 
一般動詞・過去
疑問詞が主語
SVO文
 5 When did your sister visit Kyoto?
《Do you know》

A: She visited it last year. / She visited there last year.
あなたのお姉さんは、いつ京都を訪れましたか。

答:彼女は昨年そこを訪れました。 
一般動詞・過去

visit itが正しい文法ですが、visit thereは実際使われています。
When will your brother leave Japan for Australia?
《Please tell me》

A: He will leave Japan next month.
あなたの弟は、いつオーストラリアに向けて日本を出発する予定ですか。

答:彼は来月、日本を出発する予定です。
未来 
When was this temple built?
《I want to know》

A: It was built one thousand years ago.
この寺はいつ建てられましたか。

答:それは千年前に建てられました。
受動態
 6 How old is she?
《Do you know》

A: She is twenty. / She turned twenty years old this year.
彼女は何歳ですか。

答:彼女は20歳です。/彼女は今年(で)20歳になりました。
be動詞・現在
SVC文
How do you go to school?
《I don't know》

A: I go to school by bus.
あなたはどのように学校へ行きますか。

答:私はバスで学校に行きます。
一般動詞・現在
 7 How many students are there in your class?
《I know》

A: There are thirty (students).
あなたのクラスには何人の生徒がいますか。

答:30人(の生徒が)います。
there is の
特別な文
How many books do you have?
《I want to know》

A: I have more than fifty.
あなたは何冊の本を持っていますか。

答:私は50(冊)以上持っています。 
一般動詞・現在 
How many times have you ever been abroad?
《Please tell me》

A: I've been abroad twice.
あなたは、今までに何回外国へ行ったことがありますか。

答:私は2回外国に行ったことがあります。
現在完了
abroad=外国へ
→toをつけない!
 8 How long does he practice basketball everyday?
《Do you know》

A: He practices it for three hours every day, one hour early in the morning and two hours after school.
彼は毎日どのくらい(長く)バスケットを練習しますか。

答:彼は毎日3時間それを練習しています
.。1時間は朝早くに、2時間は放課後(です)。
一般動詞
3人称単数現在

「約3時間」の場合
…about three hoursでforは必要ない。 
How long will they stay in Japan?
《I wonder》

A: They will stay here for a month.
彼らはどのくらい日本に滞在する予定ですか。

答:彼らは1か月、ここに滞在する予定です。 
未来
How long have you lived here?
《I want to know》

A: I have lived here for three years.
あなたは、どのくらい、ここに住んでいますか。

答:私は3年間ここに住んでいます。
現在完了 
 9 Whose bag is this?
《I wonder》

A: It's hers.
これは誰のかばんですか。

答:それは彼女のものです。 
be動詞・現在 
SVC文
 10 Which is your umbrella?
《Please tell me》

A: That blue one is.
どちらがあなたの傘ですか。

答:あの青いものです。
be動詞・現在
疑問詞が主語
SVC文
Which city is the capital of France?
(≒What is the capital of France?)
《I don't know》 

A: Paris is.
どちらの都市が、フランスの首都ですか。

答:パリです。
be動詞・現在
疑問詞が主語
SVC文
Which train should I take?
《Please tell me》

A: You should take the train at Track No. 3. / You should take the train from platform six.
私はどちらの電車に乗るべきですか。(take the train=電車に乗る)

答:あなたは3番線の電車に乗るべきです。 
助動詞should

《英》platform
《米》track
…鉄道線路、プラットフォーム
 11 Why did he do such a thing?
《I wonder》

A: To make money.
彼は、なぜそのようなことをしたのですか。

答:お金をかせぐため(です)。
一般動詞・過去
間接疑問文
  まず、以下の、「間接疑問を導くのによく使う言い回し」を確認してください。
  1.I know~

2.I don't know~
≒I have no idea (of)

3.Do you know~?

4.I want to know~

5.Please tell me~

6.I wonder~
1.私は~を知っています。

2.私は~を知りません。
≒私は~か全く見当もつきません。

3.あなたは~を知っていますか〔わかりますか〕。

4私は~を知りたいです。

5.私に~を教えてください。

6.私は~かな、と思います
一般的な「教える」は、teachではなくtellを使う

*wonder
=ンダー
=~かなと思う
  疑問詞から始まる疑問文を、間接疑問文にすると…
  1   Please tell me what you are doing now. あなたは今何をしているところか私に教えてください。  
I wonder what made you happy. 何があなたを幸せにしましたのかなと、私は思います。 whatが間接疑問内の主語→語順はそのまま 
I don't know what I should do next.

≒I don't know
what to do next.
私は、次に何をするべきかわかりません。 

私は次にするべきことがわかりません。 
下は、
疑問詞+不定詞

書き換え可能!

疑問詞+不定詞
I want to know what your favorite subject is.↘ 私は、あなたのお気に入りの教科が何か、わかりません。 間接疑問→SVC
I know what you want. 私は、あなたが何を欲しいか知っています。
≒私はあなたの欲しいものを知っています。
この文は、whatを関係詞と考えて訳すこともできます。ほぼ、同じ意味になります。
 2  Do you know what time it is now?↗ あなたは、今何時か、分かりますか。 主節が疑問文でも、間接疑問内は肯定文の形
間接疑問→SVC
Please tell me what sport you like the best.↘ あなたは、何のスポーツが1番好きですか、私に教えてください。  
Please tell me what grade you are in?↘  あなたは何年生か、私に教えてください。
←あなたは何学年にいるか、私に教えてください。
直訳ができていないと、英文を起こしにくいです。 
 3 I don't know where your house is. 私は、あなたの家は、どこにありますか知りません。  
Please tell me where your aunt lives. あなたのおばさんは、どこに住んでいるか、私に教えてください。 doesがなくなり、liveをlivesにする。
 4 Do you know who that man is?

解説へ
あなたは、あの男の人が誰か知っていますか。 間接疑問→SVC
that manがS'
whoがC'
Do you know who our English teacher is?

解説へ
あなたは、私たちの英語の先生が誰であるか知っていますか。 間接疑問→SVC
our English teacherがS'


間接疑問→SVC
I know who made this box? 私は、誰がこの箱を作ったか知っています。  whoが間接疑問内の主語→語順はそのまま
 5 Do you know when your sister visited Kyoto? あなたは、あなたのお姉さんが、いつ京都を訪れたか知っていますか。  didがなくなり、visitをvisitedにする
Please tell me when your brother will leave Japan for Australia. あなたの弟は、いつオーストラリアに向けて日本を出発する予定か、私に教えてください。 will が動詞leaveの直前に来ることに注意
I want to know when this temple was built. 私は、この寺がいつ建てられたのか知りたいです。 間接疑問内が受動態
 6 Do you know how old she is? あなたは、彼女が何歳か知っていますか。 間接疑問→SVC
I don't know how you go to school. 私は、あなたがどのように学校へ行っているか知りません。  
 7 I know how many students there are in your class. 私は、あなたのクラスには何人の生徒がいるか、知っています。 there is の文
I want to know how many books you have. 私は、あなたが何冊の本を持っているか、知りたいです。  
Please tell me how many times you have ever been abroad. あなたは、今までに何回外国へ行ったことがあるか、私に教えてください。
 8 Do you know how long he practices basketball everyday? あなたは、彼が毎日どのくらい(長く)バスケットを練習しているか知っていますか。 doesがなくなり、practiceをpracticesにする。
I wonder how long they will stay in Japan. 彼らはどのくらい日本に滞在する予定かなあと、(私は)思います。  will が動詞stayの直前に来ることに注意
I want to know how long you have lived here? 私は、あなたが、どのくらい、ここに住んでいるか、知りたいです。  
 9 I wonder whose bag this is. これは誰のかばんなんだろう(と私は思います)。  間接疑問→SVC
 10  Please tell me which is your umbrella.
 解説へ
どちらがあなたの傘なのか、私に教えてください。
間接疑問→SVC
I don't know which city is the capital of France. 私は、どの都市が、フランスの首都であるか、わかりません。 間接疑問→SVC
Please tell me which train I should take.

≒Please tell me which train to take.
私はどちらの電車に乗るべきか、私に教えてください。

≒どの電車に乗るべきか、私に教えてください。 
下は、
疑問詞+不定詞

書き換え可能!

疑問詞+不定詞
 11 I wonder why he did such a thing. 彼は、なぜそのようなことをしたのだろう(と私は思います)。 助動詞didがなくなり、動詞doをdidにする
    Yes/Noで答えられない場合の間接疑問文

*do you think?/do you suppose? (あなたは思いますか?)という意味の文に間接疑問を入れる場合、「この部分」は疑問詞のすぐ後に挿入します。この法則を知らなりと、かなり戸惑うと思います。

*訳は、挿入した間接疑問の部分を( )で括って、省略して考えるとわかりやすいいです。
例5: Which do you think is the better plan?←訳しずらい
 →Which
(do you think) is the better plan?
 →Which is the better plan?←訳しやすい
 1 What do you think this is?↘  あなたは、これが何であると思いますか。  間接疑問SVC
what=C

下は、yes/noで答えられないから間違いと言うことがわかります。thinkがknowなら、いいのですが…
× Do you think what this is? × あなたは、これが何であるかを思いますか。(←直訳が意味不明)
 2 When do you suppose he will propose to her? あなたは、彼がいつ彼女にプロポーズすると思いますか。  suppose
=サポウズ
=~だと思う
thinkより意味の軽い語
 3 Who do you think is the best player on our team. あなたは、誰が私たちのチームで一番いい選手であると思いますか。 間接疑問SVC
《例外的?》
who=S
is=V
 4 What do you think were the ten main news items of this year? あなたは、今年の10大ニュース〔←10の主なニュース項目〕は何だった思いますか。 間接疑問SVC
what=S
were=V

the ten mein newsだけは不可。itemsが必要。
 5 What do you think will be the most successful movie this year? あなたは、今年最も成功する映画は何だと思いますか。 間接疑問SVC
what=S
will be=V
 6 Which do you think is the better plan?  あなたは、どちらが良い計画であると思いますか。 
間接疑問→SVC

which=S
is=V
 間接疑問が、主語Sや補語Cになる場合    
1 When he left the house is not known. 彼がいつその家を出たかは、知られていません。(→わかっていません。) SV文
間接疑問がS
2 The problem is how we will finish this job.

The problem is how to finish the job. 
問題は、私たちがどのようにこの仕事を終えるかということです。

≒ 問題はその仕事の終わらせ方です。
SVC文
間接疑問がC 

下は、
疑問詞+不定詞文
書き換え可能!

疑問詞+不定詞
   whether(フざァ)/if ~かどうか  

*間接疑問という項目ではないかもしれませんが、「~かどうか」という疑問要素を含む名詞節を作る接続詞なので、ここで説明します。あくまで名詞節なので、文法的には、名詞節thatと同じように文が作れます。

*「~かどうか」という意味の
if節はwhether節より口語的ですが、動詞の目的語としてしか用いられません。
  1 Do you know whether they are going to play tennis tomorrow? あなたは、彼らが明日テニスをするつもりかどうか知っていますか。  ←テニスをするかどうかわからない 
=Do you know if they are going to play tennis tomorrow?
Do you know that they are going to play tennis tomorrow? あなたは、彼らが明日テニスをする予定であることを知っていますか。 ←テニスをする予定は確定している
He asked me whether I was ill. 
(whether=if)
彼は私に私が病気であるかどうか尋ねました。  間接話法
He said to me, "Are you ill?" 彼は私に言いました。「あなたは病気ですか。」  直接話法
 3 Whether it is a good plan or not is a matter for argument. それが良い計画であるかそうでないかは議論に向かう問題です。
→議論の余地があります。
主格となる名詞節を導く場合
(2番目のisが主節のv)


間接疑問がSVC文型で、わかりにくい文の解説

第2文型SVC の詳しい説明はこちら

以下の例文は、第2文型SVC(S=C)になる文です。
それでは、これらの文のSは何になるでしょう。


例4: ①Who is that man?

   ②Who is your English teacher?
 

「that man」をSと考え、
訳=「あの男の人は誰ですか。」 になるので、
答え方=
He is Jim.
間接疑問文「私はあの男の人が誰であるか知りません。」にすると、
I don't know who that man is. 〇

②-A
「your English teacher」をSと考え、
訳=「あなたの英語の先生は誰ですか。」 になるので、
答え方=
He is Jim.
間接疑問文「私はあなたの英語の先生が誰であるか知りません。」にすると、
I don't know who your English teacher is. 〇

②-B ところがこの例文では、「who」をSと考え、
訳=「誰があなたの英語の先生ですか。」 にすることもできます。
答え方=
Jim is.   (←実は、この答え方の方が、よく見かけます。)
この考え方をもとに、間接疑問文「私は誰があなたの英語の先生か知りません。」にすると、
I don't know who is your English teacher.  △
となるはずですが、学校では、間接疑問文の場合は②-Aにしましょう。

I don't know who is your English teacherという文は、実際に使われているようですが、 semi-indirect speech(間接話法に直接話法が残っている)と言うそうで、使わないほうが良いという意見もあります。
https://www.englishforums.com/English


英語のネイティブスピーカーにとって、「who」=「your English teacher」ですから、どちらがSということは普通あまり考えず、
語順はどちらでも良いと思っている人も多いようです。
桐原書店のForest「疑問文への答え方」のところで、"Who do you think is the best player on our team?"という例文が載っています。この場合、間接疑問の主語はwhoとなっています。


例10: ③Which is your umbrella?

③-A 「your umbrella」をS
と考え、
訳=「あなたのかさは、どちらですか。」としたいところですが、実は、英語では、
SVC文型で疑問詞whichを使う場合は、whichを主語と考えることになっています。よって、
Please tell me which your umbrella is.  ×


③-B この例文は、「which」をSと考え、
訳=「どちらが、あなたのかさですか。」が、正しい直訳です。
答え方=
This blue one is.
間接疑問文「どちらがあなたのかさか、私に教えてください。」にすると、
Please tell me which is your umbrella.  
となり、間接疑問の語順は変わりません。



 Whichで始まる疑問文(be動詞の場合)の注意点




言葉は時代とともに、また地域によって、変わってくるものです。今回は、ネットで調べたり、カナダ人のネイティブスピーカーにチェックしてもらったりしましたが、結局、よくわからない部分が残りました。ネイティブでない日本人の場合は、とりあえず、スタンダードな、標準的なものだけ覚えておけば良いと思います。