1)be動詞の肯定文・疑問文・否定文を作ってみよう!
       + 名詞と不定冠詞「a」「an」の説明


英語の肯定文は、主語の後に、すぐ動詞が来るさらに、英語の動詞は2種類、「be動詞」と「一般動詞」と、「絶対覚えておきたい4箇条の2」でも書きました。この原則がとても大切です。

 ここではまず、Be動詞の現在形の説明をします。


   Be動詞の意味は、「です。いる。ある。なる。」

と覚えましょう。英語では、「ある。」も「あります。」も同じ形の動詞を使うので、単純にこう覚えてしまうと便利です。

 Be動詞は、主語によって形が変わるので、まず、下記の表を覚えましょう。何度も音読して、すらすら言えることが重要です!

主語を忘れてしまった人は、右をチェックしてください→

 下の表がむずかしく感じる人は、小学生にもわかる英文法・be動詞の使い方をご覧ください。

 
be動詞・現在形 一覧            
主語  肯定文 発音 肯定文
 省略形 
発音  否定文
 省略形
発音 
私は I am  イ ム  I'm  ム  I'm not  トゥ
私達は we are イ ー  we're イアー  we aren't  ントゥ 
あなたは you are ー ー  you're アー  you aren't ウ  ントゥ
あなた達は  you are ー  you're  アー you aren't ウ  ントゥ
彼は  he is  - ズ  he's ーズ he isn't  - ズントゥ 
彼女は she is  - ズ  she's  ズ she isn't  - ズントゥ 
それは it is トゥ ズ  it's  ッツ  it isn't  トゥ ズントゥ 
彼らは・
彼女らは
それらは
they are  ィ ー  they're  イアー they aren't  ントゥ


be動詞の現在形の文の作り方
文の種類 文法 抑揚
肯定文(肯) S(主語)+ V(be動詞)
 で書き始め、文の終わりは「.」
 

*「.」=period(ピィァリオドゥ)=ピリオド
下げ調子
疑問文(疑) V(be動詞) + S(主語)
 で書き始め、文の終わりは「?」

*「?」question mark(クェスチョンヌ ーク
上げ調子
(Yes, Noで答えられる場合)
答え方
(答) 
肯定 Yes, S(人称代名詞・主格)
+ V(be動詞).
下げ調子
否定 No, S(人称代名詞・主格)
+ V(be動詞の否定形).
下げ調子
否定文(否) S(主語)+ V(be動詞の否定形)
 で書き始め、文の終わりは「.」
下げ調子
   注意点
   文の初めは、必ず大文字にする。
   文の終わりは、ピリオドかクエスチョンマークを付ける。



   *************それでは、実際の英文を作ってみましょう***************


      下記の例文を使って、練習してみましょう!

 文の種類  be動詞の英語基本例文1  和訳
(直訳を基本とします)
解説
 肯 I am Makki. 私はマッキーです *名前のような、固有名詞は大文字で書き始めます。

*notは文法上副詞ですが、便宜上動詞に含め、青色にしておきます。
My name is Makki. 私の名前は、マッキーです
 疑 Are you Yuko? ↗ あなたはゆうこですか
 答  Yes, I am.↘   はい。
 答  No, I'm not.↘   いいえ。
  I'm not Yuko.↘ 私はゆうこではありません


主語(S)赤色動詞(V)青色で示しました。 
  いつもこの「S」「V」を念頭に英文を考えましょう。

 答え方は、「Yes」「No」だけでもよいのですが、文法を習い始めたら、上記のように、必ずきちんと最後まで答える癖をつけてください。否定文を作る時、とても役に立ちます。
 小さい頃から英会話教室などに通い、「Yes」「No」だけで答えることに慣れている人は、特に注意してください。しっかり練習しないと、中学2年生に進むころから、急に英語力が落ちてしまうことが、しばしば起きています。



   

さらに、「わたしは、小学生です。」「あなたのお母さんは先生ですか?」などの文も、be動詞を使って表現できます。基本例文1のMakkiYukoを、以下の職業の一覧から、好きなものを選んで、英文を作ってみましょう。

一覧内のな言葉と、自分の好きな職業だけ覚えましょう!

  「職業」 一覧  
  occupation       オキュペションヌ  職  業
  a student ア  スチュデントゥ 生徒
  an elementary school student ンヌ タリィ スる スチュデントゥ 小学生 
  a junior high school student ジュニア イ スる スチュデントゥ 中学生
  a high school student イ スる スチュデントゥ 高校生
  a college student カッれッジ スチュデントゥ 大学生(広義)
  a university student ア ユニハスィティ スチュデントゥ 大学生
  a teacher ティチャー 先生
  a doctor ドクター 医者
  a nurse 看護師
  a police officer ア ホふィサー  警官 
  a policeman ア ポス・マンヌ  男性警官 
  a policewoman  ア ホス・ウーマンヌ 婦人警官  
  a firefighter  ふァア・ふァイター 消防士
  an office worker アンヌ ふィス ワーカー 会社員
  a kindergarten teacher ンダーガートゥンヌ ティチャー 幼稚園の先生
  a professional baseball player ア プロふェッショナる ベイスボーる プヤー プロ野球選手
  a flight attendant ア ふトゥ  アンダントゥ 客室乗務員
  a singer  ア スィンガー 歌手
  a dancer  ア ゙ンサー  ダンサー 





      **********それでは、実際の英文を作ってみましょう**********


文の種類  be動詞の英語基本例文1’  和訳
(直訳を基本とします)
 肯 I am a junior high school student. 私は中学生です
 疑 Are you a junior high school student? ↗ あなたは中学生ですか
 答  Yes, I am.↘   はい。
 答  No, I'm not.↘   いいえ。
  I'm not a junior high school student.↘ 私は中学生ではありません
my motherやyour motherはsheに置き換えられますが、
次の英文がわかりますか?
 肯 My mother is a teacher. 私の母は先生です
 疑 Is your mother a teacher? ↗ あなたのお母さんは先生ですか
 答  Yes, she is.↘   はい。
 答  No, she isn't.↘   いいえ。
  She isn't a teacher.↘ 彼女は先生ではありません



名詞と不定冠詞「a」「an」について

 名詞には、
可算名詞(数を数えられるもの)と不可算名詞(数を数えられないもの・rain雨、water水、sugar砂糖など)があります。可算名詞には注意が必要です。英語は日本語と違い、単数か複数かを、明確に分ける必要があるのです。

 数えられる可算名詞の前には、
不定冠詞の「a」(ア)を付けることになっています。「1つの・1人の」という意味が含まれますが、訳さない場合も多いです。

 また、後に続く名詞(または名詞の前の形容詞)が 母音の発音(ア、イ、ウ、エ、オ)から始まる時は、
「an」(ンヌ)を付けることになっています。

 ただし、人名・地名・国名・曜日などの固有名詞や、所有格(my, yourなど)の前には、「a」「an」は付けません。



 冠詞の付け方はむずかしいので、頭で考えて覚えるのは大変です。基本例文を何度も音読し、リズムに乗って暗唱できるようにすると、だんだん自然にできるようになります。ミスを恐れず、練習してみてください。





                   

2)-2  be 動詞の現在形
戻る