英文法とは、もちろん、英語の文法ですが、日本人が英語を勉強する前に、大事なことは、英語と日本語の文法の違いを理解することです。それがわかると、ただ英語を勉強するより、ずっとわかりやすいです。

 英語をしっかり勉強していきたい人は、是非、以下のことを覚えておいてください。


1)日本人が苦手な英語の発音は、l, f, v, n, th

 実は、このl, f, v, n, thは、日本人が意識しないと絶対にできない発音なのです。逆に言えば、これらの文字の発音さえできれば、胸を張って英語を話せるようになります。

①文字lの発音: 舌を上の前歯の裏に軽く当てたまま「る」 と発音します。「舌を前歯の裏につけたまま絶対離さないで発音する」というのがポイントです。日本人にはかなりむずかしいです。

②文字fの発音: 上の前歯を下唇に軽く上の当てながら、「ふ」と言うように発音します。このような口の形を作るのは面倒ですが、fの文字が出てくるたびに、頑張ってやるようにすると、必ず、正しい英語の発音ができるようになります。初めのうちは、鏡を見て、確認しながら発音してみてください。

③文字vの発音: 上の前歯を下唇に軽く上の当てながら、「ぶ」と言うように発音します。口の形はfの時と同じです。fと同様に、vの文字が出てくるたびに、頑張ってやるようにしてください。

④文字thの発音: 舌の先端1㎜くらいを軽く噛んだまま、歯のすきまから押し出す感じで、「す」または「ず」と発音します。「す」になるか「ず」になるかは単語によって違います。
 《例》 three(3) =すリー、  there(そこに)=ぜアー

l, f, v, thは、日本語にはない発音なので、こちらのサイトでは「カタカナ」ではなく、「ひらがな」で表記しています。


⑤文字nの発音:
 日本語の「ん」という発音にはなりません。小声で「ぬ」と言う感じで発音します。特に、言葉の最後の文字がnの場合、「んぬ」と小さく言うように発音します。軽く舌の先を上の前歯の裏側にタッチしてから、パッと離す感じです。
 《例》 ten(10) =テンヌ

こちらのサイトで、,
語尾に来るnの発音は、「ヌ」と表記しています。


発音についてもっと詳しく知りたい人は、L, F, V, N, th…これが日本人の苦手な発音!をご覧ください。このページ内の、超大切!英語の数字の発音で、one (1), three (3), four (4), five (5), eleven (11)の発音が正しくできれば、日本人が苦手な5文字の発音ができるようになった証明になります。頑張って練習しましょう



2)英語は日本語と違って必ず主語が必要

 英語の主語というのは、「~は、~が」と訳せる部分のことを言います。そして、「英語の文は日本語と違って、いつも主語をつけなければいけない」と覚えておいてください。

 例えば友達と話していて、「サッカー好き?」と聞きたい時、英語では、「誰が好き」なのかを入れなければいけません。つまり、「あなたはサッカー好き?」という意味になる"Do you llike soccer?"とします。詳しくは後で説明しますが、ここでは、主語の「あなたは(=you)」を入れないと、英語の文が作れないということだけ、覚えておいてください。

 なお、
主語=Sで表します。



3)英語には、be動詞と一般動詞、2種類の動詞がある

 「~です。~します。」のような普通の文のことを肯定文(こうていぶん)と呼びます。そして、この肯定文の時に、主語のすぐ後ろに来るのが動詞です。
 ただ、動詞と言っても、「日本語の動詞とは違う」と思ってください。

 
英語の動詞には2種類あります。be動詞と一般動詞です。be動詞と一般動詞は性質がかなり違うので、「何動詞」を使うのか、いつも考えておきます。

 こちらのサイトでは、主語→be動詞→一般動詞の順番で説明しているので、とにかく、ここでは、
「英語の動詞は2種類、be動詞と一般動詞」ということだけは、絶対に覚えてください。

 なお、
動詞=Vで表します。



4)英文は必ず「直訳」しよう

 3)でも書きましたが、英語では、主語のすぐ後ろに動詞が来ます。しかし、日本語では、動詞は文の一番終わりに来ます。主語以外の語順が真逆なのです。

 そこで、
英文を日本語に訳す時は、まず主語を訳し、次に英文の後ろから訳していき、最後に動詞を訳すと、うまく意味の通る文に訳すことができます。英文法を覚えてきたらスラッシュリーディングとい方法を覚えると、長い英文を速読できるようになるのですが、まずは、上の方法での訳し方を覚えてください。

 また、英語を日本語に訳す時、もう1つ気を付けて欲しいのは、
英文を、必ず「直訳(ちょくやく)」することです。これは、英単語1つ1つの意味を、しっかり日本語に直す訳し方です。日本語としては、少し変な表現になることもありますが、気にしないでそのまま訳します。きれいな日本語に直す訳し方は「意訳(いやく)」と言いますが、英語力を上げるためには役立ちません。どうしても「意訳」をしたい場合、必ず「直訳」をしてから「意訳」をするようにしてください。



5)肯定文・疑問文・否定文、3種類の文を覚えよう!

 各英文法を説明する時に使うので、次の3種類の文があることを覚えておいてください。


①肯定文(こうていぶん)…「~です。~します。」のような、普通の文。

②疑問文(ぎもんぶん)…「~ですか?~しますか?」という尋(たず)ねる文。

 *「はい」「いいえ」で答えることができるもの
   →
Yes/No Question (イエス/ノウ クエスチョン)

 *「はい」「いいえ」で答えられないもの
   (WhatやHowなど、WかHのつく疑問詞から始まる文)
   →
WH Question (ダブル・エイチ クエスチョン)

③否定文(ひていぶん)…「~ではない。~しない。」のような否定する文。




                   


8)-1 英文法って何?  (英語を勉強するために大事なこと)
戻る