1)第1文型 主語(S) + 動詞(V)


1.以下の文では、文の構成要素がどのようになっているか考えてみてください。

   例文 1  訳(日本語的)
 1 She sings well. 彼女は上手に歌います。

「彼女は歌が上手です。」と、意訳しないでください。後でスラッシュリーディングができなくなります。
 2 My uncle lives in this city. 私の叔父は、この町に住んでいます。
 3 Who is singing over there now? 誰が、今、あそこで歌っていますか。
 4

There are two cats under the tree. 木の下に、2匹の猫がいます。 
 5

Down fell an apple. リンゴは、下の方に落ちました。

 第1文型SVとは・・・

  S(主語)とV(動詞)だけで、文の意味が成り立つ文です。

 前のページでも書きましたが、前置詞の後と副詞(句)は、修飾語的なものなので、文法上の構成要素には入れません。ここでは、 「×」 としておきます。

 文の構成要素を気にしながら、文頭から訳していくと、以下のように訳せます。→
スラッシュリーディング

 短い文では、スラッシュリーディングをしなくても、十分意味がわかると思いますが、このように前から訳す練習をしていくと、1つの文が長くて読みにくそうな英文でも、速読できるようになってきます。練習してみてください。

   例文1 (第1文型) 訳(スラッシュリーディング)
 1 She sings /well.
 s  v   x
彼女は歌います/上手に。
 2 My uncle lives /in this city.
  s   v    x
私の叔父は、住んでいます/この町に。
3 Who is singing /over there/now?
 s   v    x   x
誰が、歌っていますか/あそこで/今。
 4

There are two cats /under the tree.
x   v   s     x
2匹の猫がいます /木の下に。
 5

Down/ fell an apple.
 x  v   s
下の方に/落ちました、りんごが

3の解説
*疑問文で、むずかしく感じたかもしれませんが、Whoが主語になることがわかれば、簡単です。また、前のページで説明したように、進行形の文型でのVは、be+ingをひとまとめにして「V」と考えるとわかりやすいです。

4の解説;
*「There is ~、There are~」という、特別な形の文
です。
ただし、この文は、「Two cats are there. (2匹の猫がそこにいます)」から来ていると考えてみましょう。「thereは副詞なので、文の構成要素に入れない」と考えれば、理解し易いと思います。

5の解説;
*倒置形になっているので、わかりにくい
です。ただし、物語文や英字新聞でもよく使われる形なので、「こんな使い方もあるのか」と、覚えておくと便利です。





                 
戻る
3)-7   基本5文型