☆助動詞とは何か?


動詞を助ける役割のある単語を、「助動詞」と言います。助動詞を使うことで、動詞にある意味を加えることもあります。

 今まで習ってきた
助動詞は、
   一般動詞の現在形で使った、
do と does
   一般動詞の過去形で使った、
did
   未来形で使った、
will          です。

 英語には、他にいくつか助動詞がありますが、同じ助動詞でも、違った意味を持つものがあり、苦手意識を持つ人が少なくないようです。しかし、一度覚えてしまうと、簡単ですし、英会話をするのにとても役立ちます。

 この章では、中学で習う助動詞をまとめました。以下の表で、「読み方」と「意味」をだいたい覚えたら、次の基本例文のページに進んでください。助動詞は、文中で使えてこそ、役立ちます。
例文を丸暗記してしまうのが、一番効率的な勉強法です。

 なお、今まで、
「助動詞の後は、動詞の原形!」と合言葉として、覚えるように書いてきましたが、ここで扱ういろいろな助動詞についても、この法則は変わりません。



助動詞まとめ  
   助動詞 読み方  意味
(クエスチョンマークの付いたものは、疑問文での意味です。)
解説 
   can   キャンヌ
or
ンヌ
~できる
~してもよい
~してくれる


《応用》~の可能性がある→~でありうる
*canの意味が「~できる」の場合、
be able to do
を使って書き換えるできる。

*able=エイブる《形》
=~する能力がある、有能な  
《否定・短縮形》
can't
キャントゥ ~できない 
~してはいけない


《応用》~の可能性がない→~でありえない
  could
クッドゥ ~できた
~してくださいますか?


《応用》~かもしれない
*couldはcanの過去形
ただし、形は過去形でも現在の意味をあらわすこともある。
《否定・短縮形》
couldn't
クッドゥントゥ ~できなかった

《応用》~のはずがない
  will ~するつもりです
~でしょう
~してくれる?


《名詞》(a) will 意思
 
《否定・短縮形》
won't
オウントゥ ~しないでしょう  
  would  ウッドゥ  ~だろう
~してくださいますか?


《応用》(昔よく)~したものだった
*wouldはwillの過去形
ただし、形は過去形でも現在の意味をあらわすこともある。
《否定・短縮形》
wouldn't
ウッドゥントゥ
  must ストゥ ~しなければならない

~にちがいない

《名詞》a must やらなければいけないこと、不可欠なもの
*mustの意味「~しなければならない」の場合、
 have (ハふ)to do
 /has (ハス)to do

を使って、書き換えできる。
ただし、
 don't have to/
 doesn't have to
は、
「~する必要はない」
という意味になる。
*このhave/hasは一般動詞ですが、特別な用法であり、読み方に注意!

*mustの過去形はない
《否定・短縮形》
mustn't
スントゥ ~してはいけない
  may  ~してもよい

~かもしれない
*mayの否定の短縮形はない
  might マイトゥ 《応用》~かもしれない
~してもよい
*mightはmayの過去形
ただし、形は過去形でも現在の意味をあらわすことも多い。
  shall シャ ~しましょうか?  
   should シュッドゥ ~するべきだ
~したらいいでしょう
*観光旅行者におすすめの行き先を提案する時なども、shouldをよく使います。
《否定・短縮形》
shouldn't
シュドゥントゥ ~するべきではない  
   






                 
戻る
3)-2  助 動 詞