1)一般動詞の過去形の肯定文・疑問文・否定文
        …助動詞didに注意!


絶対覚えておきたい4箇条の「文の種類と時制の概念を持とう」でも書きましたが、英語では、「時制」という概念を持つことがとても大切です。そして、過去にやったこと、起きたことを表すには、必ず、「過去形」の文を作らなくてはなりません。
 当たり前のことのようですが、日本語はここがあいまいなので、英語学習において、大きな混乱を起こす原因になっています。

例えば、
①「(あなたは)
わかりましたか。」…これは現在のことです。
②「あなたは、昨日
勉強しましたか。」…これは過去のことです。

日本語にすると、どちらも「~しましたか」で終わりますが、英語の場合、①は「現在形」、②は「過去形」の動詞を使って、文を作らなければなりません。


一般動詞の過去形を作る時の注意点

①肯定文では、動詞は原形ではなく動詞の過去形を用いる。

②疑問文と否定文では、助動詞doやdoesの代わりに
助動詞didを用いる。



一般動詞(規則動詞)の過去形の作り方

①動詞の原形の
語尾に-edを付ける。

語尾が-eで終わる動詞は、-d を付ける。

③studyのように、3人称形を作る時、語尾をyをiに代えてesをつけたものは、
yをiに代えてedをつける。
  stud
y→studies→過去形studied (スタディードゥ)

④特例、stop→過去形はpを重ねる→
stopped (ップトゥ)

*中学で習う規則動詞の特別な形は、stopだけ覚えておけば大丈夫です。
問題なのが、この規則性の当てはまらない「不規則動詞」というものがあることです。これについては、次のページで説明します。



動詞の過去形の語尾-edの発音の仕方

①動詞の原形の語尾が、母音や有声子音の場合、
《喉(のど)仏のあたりに軽く指を当てて、ブルブルするのが感じられた時》
「ドゥ」 played, loved, cleaned, studiedなど

②動詞の原形の語尾が、無声子音の場合、
《喉仏のあたりに軽く指を当てて、ブルブルするのが感じられなかった時。》
「トゥ」 looked, cooked, worked, watchedなど

③動詞の原形の語尾が、「d」「t」の場合
「(デ/テ)ィッドゥ゙」 needed, wanted, visited, waitedなど

 有声音・無声音についてのYouTubeはこちら


慣れてくると簡単なのですが、発音に苦手意識のある人には、むずかしいかもしれません。
動詞の原形・3単現形・現在分詞の一覧 に対する過去・過去分詞を、以下でまとめましたので、苦手な人はご利用ください。

  動詞の原形・過去形・過去分詞の一覧

↑こちらは、規則動詞・不規則動詞が混ざっていて、覚えにくい点もあります。あくまで、発音練習用にお使いください。覚えるべき不規則動詞の活用表は、次のページで紹介します。



一般動詞の過去形の文の作り方
文の種類 文法 抑揚
肯定文(肯) S(主語)+ V(動詞の過去形)
 で書き始め、文の終わりは、「.」
 
下げ調子
疑問文(疑) Did + S(主語)+ V(動詞の原形)
 で書き始め、文の終わりは、「?」
 

*did=ディドゥ…過去の助動詞
上げ調子
(Yes, Noで答えられる場合)
答え方
(答) 
肯定 Yes, S(人称代名詞・主格)+ did. 下げ調子
否定 No, S(人称代名詞・主格)+ didn't..

*didn't =ディドゥントゥ=did not 
下げ調子
否定文(否) S(主語)+ didn't + V(動詞の原形)
 で書き始め、文の終わりは、「.」
下げ調子
   注意点
1.「現在形」のように、主語によって形が変わらないので、3人称単数など、考える必要はありません。
2.肯定文を作る時に必要な不規則活用動詞の過去形は、1つ1つ覚えなければなりません。これについては、次のページで説明します。
3.合言葉、「助動詞の後は必ず動詞の原形!」を忘れずに!



  *********それでは、実際の英文を作ってみましょう*********

下記の例文を使って、練習しましょう。主語が、3人称の現在形の文と比較してみてください。どこが違うか一目瞭然なはずです。

   比較するには、ここをクリックorタップ!


文の種類 一般動詞(過去形)・基本例文1    和訳 (直訳を基本とします)
 肯 She liked tennis.  ↘  彼女は、テニスを好きでした

《物語文を思い浮かべると、過去形はしっくりくるかもしれません。》

*
liked=イクゥトゥ…likeの過去形
 疑 Did she like tennis?↗ 彼女は、テニスを好きでしたか。
 答    Yes, she did.↘    はい。
 答    No, she didn't..↘   いいえ。
 否 She didn't like tennis. 彼女はテニスを好きではありませんでした。
     
   「What」を使った文  
 疑 What did she like? ↘ 彼女はを好きでしたか。
 疑 What sport did she like? ↘ 彼女は何のスポーツを好きでしたか。
 答    She liked tennis.   彼女は、テニスを好きでした






                


戻る
2)-6 一般動詞の過去形