2)不規則活用の動詞について


前のページでも触れましたが、問題なのは、過去形を作る時の規則に当てはまらない「不規則動詞」があることです。そして、よく使う動詞にかぎって、不規則動詞が多いのです。

 不規則と言うだけあって、覚えるのは大変です。英語を母国語とするネイティブさえ、学校で活用を覚えさせられるということなので、
とにかく覚えましょう。


不規則動詞の活用を、覚えやすい順に、まとめてみました。
ABC順に覚えるより、ずっと覚えやすいと思うので、試してみてください。

     不則動詞の活用一覧 1 (基礎編1)


活用表の3番目に出てくる過去分詞は、中1や中2ではやらない学校もありますが、結局覚えなければなりません。この時期一緒に覚えてしまった方が、後々絶対便利なので、一緒に覚えてしまいましょう。

 不規則動詞の活用は、掛け算の九九を覚えるような感じで、何度も何度も音読して覚えましょう。つづり(spelling)を覚えるよりも、まず、活用をスムーズに言えるようになることが大切です。

例えば、
  
「ハぶ」→「~を持っている、~を食べる」
   →「ハぶ」→「ハドゥ」→「ハドゥ」
 
のような感じです。

しっかりできるようになったら、3x2=6→6÷2=3のように、
「ハドゥ」→原形は「ハぶ」→意味は「~を持っている、~を食べる」、過去形から原形が出てくるように、練習してみてください。


活用表を覚える時期や注意点などについては、以下でまとめていますので、是非ご一読ください

  動詞の活用「いつ覚えるの?」


不規則動詞の活用の基礎編1を覚えた人は、下の基礎編にも挑戦してみましょう。動詞の活用は何度も何度も繰り返し練習することが大切です。早くから挑戦するのがおすすめです!

  不規則動詞の活用一覧 2 (基礎編2)



規則動詞の発音さえ苦手な方へ

  前のページの発音の仕方をご覧ください。



過去形の基本例文を学習する前に、以下の「過去形でよく使う副詞(句)」を覚えておくと、後の学習がスムーズになります。まず、覚えてしまいましょう


過去形でよく使う副詞(句)
   副詞(句) 読み  意味
  then ンヌ その時
yesterday スタデイ 昨日 
last night ストゥ トゥ 昨晩、昨夜
  last Sunday ストゥ ンデイ この前の日曜日
先週の日曜日
  last week ストゥ ウイークゥ 先週
  last month  ストゥ ンす 先月
  last year  ストゥ ヤー 去年、昨年
  two years ago トゥ ヤーズゥ ア 2年前
  an hour ago アンヌ ワー アゴ 1時間前
  three hours ago  ワーズ ア 3時間前




               


戻る
2)-6 一般動詞の過去形