3)その他の未来の文: be going toなど

be動詞+going+to+動詞の原形=~するつもりだ、~する予定だ

 この形でも、未来を表す文を作れます。注意して欲しいのは、あくまで使う動詞は、be動詞なので、
文法の規則もbe動詞と同様になります。
 be動詞がしっかりわかっていれば、それほどむずかしくないと思います。何度も音読して覚えてしまいましょう。できるようになったら、和訳だけを見て、英文を言う練習もしてみてください


   ページ内リンク

   be動詞が分からなくなった人は、こちら

   willとbe going toの使い分け

   will・be going to以外の未来を表す表現(高校レベル



文の
種類
  未来形・基本例文3   和訳
(直訳を基本とします) 
前のページの基本例文1のwillの文を、be going toを使った文に
書き換えてみましょう。まず、以下の文を比べてみてください。
 1    will 使用 be going to 使用
 肯 I will play tennis tomorrow. I am going to play tennis tomorrow. ↘ 私は、明日テニスをするつもりです。
 疑 Will you play tennis tomorrow?↗ Are you going to play tennis tomorrow? ↗ あなたは明日テニスをするつもりですか。
 答    Yes, I will. ↘  Yes, I am.↘    はい。
 答    No, I won't.   No, I'm not.   いいえ。
 否 I won't play tennis tomorrow.↘ I'm not going to play tennis tomorrow. ↘ 私は明日テニスをするつもりではありません。
                             
まず、be going toを使った文を、何度も音読して覚えてみてください。
できるようになったら、今度は、前のページのように、willを使った文に、
書き換えてみてください。
  
2  肯 My brother is going to play the piano tomorrow. ↘ 私の兄は、明日ピアノを弾くつもりです。
 疑 Is your brother going to play the piano tomorrow? ↗ あなたのお兄さんは明日ピアノを弾くつもりですか。
 答    Yes, he is. ↘    はい。
 答    No, he isn't. ↘   いいえ。
 否 He isn't going to play the piano tomorrow. ↘ 彼は明日ピアノを弾くつもりではありません。
   
3  肯 My father is going to play baseball next Saturday. 私の父は、来週の土曜日に野球をする予定です。
 疑 Is your father going to play baseball next week.? ↗ あなたお父さんは来週、野球をする予定ですか。
 答    Yes, he is.    はい。
 答    No, he isn't..   いいえ。
 否 He isn't going to play baseball next week.. 彼は来週、野球をする予定ではありません。
   
4  疑 What is your sister going to do tomorrow? ↘ あなたのお姉さんは、明日をする予定ですか。
 答/肯   She is going to play the guitar. 彼女は、ギターを弾く予定です。
 答/肯   She is going to play soccer. 彼女は、サッカーをする予定です
   
5  疑 Where is your sister going to play soccer? ↘ あなたのお姉さんはどこでサッカーをする予定ですか。
 答/肯   She is going to play it at school. 彼女は、学校でそれをする予定です。
   
6  肯 My brother is going to do Judo next week. 私の弟は来週、柔道をする予定です
 疑 Is your brother going to do Judo next week? ↗ あなたの弟さんは先週、柔道をする予定ですか。
 答    Yes, he is.    はい。
 答    No, he isn't ..   いいえ。
 否 He isn't going to do Judo next week. 彼は来週、柔道をする予定ではありません。
   
7   肯 He is going to do his homework before dinner tomorrow.
彼は、明日は夕食前に(彼の)宿題をするつもりです。
   
8  肯 She is going to dance next week.
彼女は、来週、ダンスをする予定です。
 否 She isn't going to skate next month. 彼女は、来月、スケートをする予定はありません。
will be→be going to beへの書き換え
 1     肯 I am going to be busy next year. 私は、来年忙しい予定です。
*busy= ビズィー=(形)忙しい
 疑 Are you going to be busy next year? あなたは、来年忙しいですか。
 答    Yes, I am.    はい。
 答    No, I'm not.   いいえ。
 否 I'm not going to be busy next year. 私は、来年忙しくないでしょう。
   
2  肯 My father is going to be at home tomorrow. 私のお父さんは、明日、家にいるでしょう。
 疑 Is your father going to be at home tomorrow? あなたのお父さんは、明日、家にいますか。
 答    Yes, he is.    はい。
 答    No, he isn't.   いいえ。
 否 He isn't going to be at home tomorrow. 彼は、明日、家にいないでしょう。
   
天気に関しては、be going to ではなく、willを使いましょう。
"How is the weather going to be tomorrow?"とは、普通言いません。  
 be going toで注意すること
1 My uncle is going to Fukuoka next month.
←My uncle
is going to go to Fukuoka next month.  
私のおじは来月、福岡に行く予定です。
*goやcomeなどの動詞を使う場合は、going toを省略して、進行形の形で未来を表す方が普通
My aunt is coming to Tokyo the day after tomorrow.
←My aunt
is going to come to Tokyo the day after tomorrow.
私のおばは明後日、東京に来る予定です。
3 I'm gonna be a singer in the future.
←I
'm going to be a singer in the future.
私は将来、歌手になるつもりです。

*gonna=ナ=going to
←くだけた話し言葉では、よく使われる。





will と be going to の使い分け

 will=be going toで、中学の教科書では教えていますが、微妙な使い分けもあります。ただ、あまり使い分けにこだわってしまうと、かえってわからなくなってしまいます。時制がはっきりしている英語で、「未来形を使う」という感覚が持てれば、十分と私は思います。
 使い分けに興味のある方は、以下もご覧ください。

will の文 (be going toではなく)を使う場合

 *とっさにその場で決めた場合(現時点での意思)
 *天気予報など


be going to の文 (willではなく)を使う場合

 *基本的には、心の中ですでに決めている事の場合

 *「(物事が)~しそうである」という意味になる、話し手の主観

未来形・基本例文4 和訳 解説
  willを使う、典型的な例
 1 The phone is ringing.
I
'll answer the phone.
電話が鳴っています。
私が電話に答えましょう→出ましょう。
とっさの判断 
 2 I'll be twenty next January.  私は次の1月で20歳になります。 予定に意は含まず、客観的事実 
 3 I'll be back soon. 私は近いうちに戻ってくるでしょう。(約束するよ!) 確固たる親しみを込めた申し出
4 According to the weather forecast, it will snow tomorrow. 天気予報によると、明日は、雪が降るでしょう。 *according to~=~によると
*weather forecast(ふォ-キャストゥ)=天気予報
  be going toを使う、典型的な例   
 5 Next year we are going to get married. 来年、私達は、結婚する予定です。  決めている
 6 She is going to have a baby in July. 彼女は7月に赤ちゃんを持つ予定です。→出産予定です。 確定予定
will不可
 7 Look at those black clouds.
We
are going to have a shower soon. 
あれらの黒い雲を見て。
私達はまもなく、夕立に遭いそうです。
→夕立になりそうです。
現在の徴候などに基づく未来の予測





will・be going to以外の未来表現

 willとbe going to 以外でも、未来の表し方はあります。こちらでは、高校英語の範囲のものも、日常、よく使われるものを中心に解説します。基本例文をスラスラ言えるようになると、会話の表現力も広がるので、余裕がある方は、覚えてみてください。

  
未来形・基本例文5 和訳 解説
  The soccer game is about to start. サッカーの試合は、まさに始まろうとしています。 be about toは、be going toよりも差し迫った未来を表します。
  We were about to leave home when it began to rain. 私たちは、雨が降り始めた時、まさに家を出ようとしていました。 過去形の文ですが、やろうとしていたことなので、この表現になります。
 
  They will be having a party at this time tomorrow. 明日の今頃、彼らはパーティーをしているでしょう。←開ているでしょう。 未来進行形

*未来のある時点に「~しているだろう」という時使います。
  Will you be using this computer this afternoon? あなたは、今日の午後、このコンピューターを使っていますか。 ←Are you going to use~?と聞くより婉曲的でひかえめな表現になります。
    
  My brother is leaving Japan for Hong Kong at the end of this month. 私の弟は、今月末に、香港に向けて日本を出発します。←出発しようとしています。 進行形を使った
 未来表現

*着々と進行する動作を表現する場合、よく使われます。(準備も着々と進めている感じ)
 
  The shop is having a sale of shoes next week. その店は、来週靴のセール(大安売り)をします。←持つことになっています。
    
  Our flight leaves at 10:00am. 私たちの(飛行機の)便は、午前10:00に出発します。 現在形を使った
 未来表現


*時刻表や予定表などで確定している予定に使います。 
  The team starts spring training next week.  そのチームは来月、春季トレーニングを始めます。 
    
  We were on the point of giving up the game. 私たちは、まさにその試合をあきらめようとしていました。 on the point of doing
=まさに~しようとしている
  I was on the point of going to bed when my father came home last night.  昨晩、私の父が家に帰ってきた時、私はまさに寝ようとしていました。
    
  My daughter is to be married next month. 私の娘は、来月結婚することになっています。  be to do 
=~することになっている
*
公式の予定などを表します。

make a speech
=演説をする 
They are to hold a party next week. 彼らは来週パーティーを開くことになっています。
  He is to make a speech on TV tonight.  彼は、今晩テレビで演説をすることになっています。



                   

3)-1   未来形
戻る