戻る
1)現在完了とは何か?


   
現在完了=have+過去分詞、has+過去分詞


 次の3つの用法があると覚えてください。

   用法 意味 
①  継続 ずっと~している
②  経験  ~したことがある 
③  完了・結果  ~したところだ、~してしまった 

 現在完了は、「過去から現在までの時の中のどこかで起こったこと・現在も引き続き起きていること」を表す時制です。過去形と現在形では表せない、微妙なところですが、文法的に「時制」があいまいな日本語を使う日本人が使いこなすのはむずかしいです。詳しくは、次のページの基本例文をご覧ください。

 文法的には、助動詞のhaveを使うのですが、この
助動詞haveは特別中の特別。一般的な助動詞とは、使い方が全く異なるので、注意が必要です。現在完了は、一般的に中学3年生になって習い始めますが、ここまでの文法がよく理解できていないと、大混乱が起きてしまう危険があります。英語が苦手な人は、「今までの文法の方が大切。現在完了は特別中の特別」という意識で、学んでください。なお、現在完了形が分からなくても、英会話は楽しめます。残念ながら、高校英語では、かなり必要になってきますが・・・。



現在完了形の文の作り方

①継続「ずっと~している」 ②経験「~したことがある」
③完了・結果「~したところだ、~してしまった」
文の種類 文法 抑揚
肯定文(肯) S(主語)+ have + 過去分詞
 で書き始め、文の終わりは、「.」
 
下げ調子
疑問文(疑) Have + S(主語)+ 過去分詞
 で書き始め、文の終わりは、「?」
 
上げ調子
(Yes, Noで答えられる場合)
答え方
(答) 
肯定 Yes, S(主語・主格)+ have. 下げ調子
否定 No, S(主語・主格)+ haven't..
  *haven't=ぶントゥ=have not
下げ調子
否定文(否) S(主語)+ haven't + 過去分詞
 で書き始め、文の終わりは、「.」
下げ調子
   注意点
主語が3人称単数(he, she, it)の場合は、haveをすべてhasにします。haven’tはhasn't (ズントゥ)になります。
2「助動詞の後は必ず動詞の原形!」が基本なのに、現在完了のhaveの後は過去分詞です。現在完了のhaveは助動詞と考えず、とにかく「特別中の特別の文法で、haveの後は過去分詞」と覚えましょう。
be動詞の過去分詞は、been(ビンヌ)になります。

ただし、経験用法では、「have been to~=~に行ったことがある」という、特別な意味になります。



受動態の所でも書きましたが、過去分詞は、規則活用動詞では過去形と同じ形になりますが、不規則活用動詞では、それぞれ暗記する必要があります。
 以下の不規則活用動詞の表で、覚えているか、確認してみましょう。

  不規則動詞の活用一覧 1  不規則動詞の活用一覧 2


 覚えた方が良い基本例文は、次のページで詳しく紹介しますので、ここでは、現在完了とはどういうものか、とりあえず理解してください。

 「現在完了は特別な文法」ではありますが、「現在完了」だけを勉強するのは、それほどむずかしくありません。ただ、あくまで、「今までの文法が基本」ということを忘れず、勉強していきましょう。

 実は、この現在完了、使いこなせると、英会話がずっと楽しくなる文法です。次のページの基本例文を丸暗記してしまうと、すぐ、英会話に応用できると思います。





            現在完了の基本例文





3)-10 現 在 完 了